リビングを作って自慢と後悔

PR| 福生市で予算内でマイホーム|

豊田市にZEH施工の耐震の新築一戸建てを建てる際に、千曲市の工務店の資料を請求しました。リビングと言うのは、家族が集まる場所としてこだわりを持っていました。そこは、家族全員が納得できる場所にしたかったのです。そこで家族で話し合って、いろいろなリビング案を考えることにしました。風合いのよい中古家具の似合うリビングになりました。そして作り上げました。仕事はブランディングのコンサルティングをしているのですが、会社のブランディングと家づくりは似てるようでまったく違い、家族のメンバーによって、満足しているところもあれば、これはちょっとと思うこともあります。そのことについてご紹介します。

・広めにして気持ちがいい
リビングは、やっぱり広いほうが気持ちがいいです。特に子供が小さい時はそんなに感じなかったのですが、大きくなるに連れてその思いが強くなります。新築を建てる時に、これでいいだろうと思うリビングの広さよりも少し広く取ったほうがいいと感じました。実際に私の家でも、広めにしたので最初は広すぎるかなと思ったのですが、そんなことは全くありません。毎日過ごす場所なので、広いほうが絶対いいです。

・間接照明にしたかった
リビングでは、子供たちが勉強をすることもあるかもしれないと思って、電気をしっかりした明るさにしました。しかしリビングではしませんね。ダイニングではすることがあります。食事を食べた後に、そこですることがありました。
そこで、リビングの場合はやっぱりくつろぎの場所として明かりも間接照明にしたらよかったと思っています。すると、ゆったりとしてリラックス感を感じることができるのです。

・床下暖房は良かった
リビングは、フローリングにしているのでどうしても寒いです。そのため、床下暖房にしていると、暖かく過ごすことでができます。下から暖かいと言うのは、いいですね。暖房だと、空気が乾燥しやすいので風邪をひきやすいのです。その点、床暖房にすることにより足元をポカポカにすることができて心地よく体を温めることができます。

・窓を広く取る
窓を広くとることにより、日差しを受けることができます。冬の場合は、それだけでもかなり暖かいです。しかも暖かいので湿気も少ないと感じました。気持ちがいいということが最高ですね。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康に役立つ口コミ情報|住宅リフォーム総合情報|生命保険の口コミ.COM|お家の見直ししま専科|エステサロンを上手に利用する情報サイト|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|ダイエットチャレンジ100日|